日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医・日本耳鼻咽喉科学会認定補聴器相談医・日本めまい平衡医学会認定めまい相談医

当院の特徴
1.「めまい」の専門医です。(めまい平衡医学会認定めまい相談医)
  「めまい」症状の多くは耳の奥にある内耳という部分の障害で起こりますから、「めまい」が起こったときには、まず、耳鼻咽喉科医のなかの「めまい」専門医に相談することが大切です。 「めまい」の診断には眼の動きの異常である「眼振」の観察を、まず、第一におこなう必要があります。当院では「眼振」のきめ細かな観察に有用な 「赤外線CCDカメラ」を備えています。 「めまい」の中には、もちろん、脳の病気が原因で起こるものもあり、CTやMRIなどの検査を必要とする場合もありますが、その場合でも、まず、耳鼻咽喉科の「めまい」専門医の診断を受けてから、 必要に応じて、脳の検査にまわるのが保険医療制度上も合理的です。「めまい」の場合は、まず、最初に耳鼻咽喉科医の中の「めまい」専門医にご相談ください。
2.補聴器の適合検査、相談をお受けします。(日本耳鼻咽喉科学会認定補聴器相談医)
  補聴器を購入する場合、その人の聴こえの状態と補聴器の機械としての特性をきめ細かくあわせる必要があります。 認定補聴器相談医のもとで正確な聴力検査と難聴の性質の診断を受けたのち、国家資格である補聴器適合技能士の資格を持った技師のいる補聴器店で調整を繰り返したうえで自分にあった補聴器が見つかれば購入するといった手順が合理的です。 補聴器を購入したい方は、まず、補聴器相談医の診断を受けてください。
3.電子内視鏡システムシステムを備えています。
  耳鼻咽喉科領域の鼻や咽喉(のど)の炎症や腫瘍性疾患の多くは、領域の特性上、直接眼で診ることで診断できます。 さらに精密な観察と記録のために「デジタル画像処理機能を持つ内視鏡」 は正確な診断に威力を発揮します。鼻や咽喉(のど)に異常を感じた場合には早めにご相談ください。
4.アレルギー疾患など、幅広い病気に的確に対応できます。
  外来専門の耳鼻咽喉科診療所の特性は気軽に迅速に病気に対応できることにあります。 豊富な経験から、正確な診断と治療を速やかにおこなうことが私たちの使命と考えています。 診断の結果、他の機関でのさらに進んだ診断・治療が必要と判断した場合、速やかに関連病院へ紹介いたします。 どんなことでも、まず、最初にお気軽にご相談ください。